BLOG

はさみ1本で繋ぐ想い。(5年経った東日本大震災と向き合う)

とってもツイてるホマさんです。

今日は「東日本大震災」から、はや5年

 

忘れもしないあの日、あの時。

 

僕のサロンはさいたま市。

 

福島原発の爆発で
サロンは勝手に「計画停電」の範囲に入ってしまった。

(今を思えば、全く電気は足りていたはずだ)

 

美容室で「電気」が使えないなんて
即閉店を告げられているようなものだ。

 

大体が、午後3時以降で見事に電気が止まる。

 

それから復旧まで約3~4時間。

 

その後、何をすればいいのだ??

 

スタッフ、自分も帰宅し
ただただ、TVの報道番組を見つめていた。

 

そう、ただ観ていたのだ。

 

CMは「ありがとう~こんにちは~」の繰り返し。

 

ストレスに近い不安な感情をどこにぶつけたらいいのか?

 

現状は仕事も出来ず、ただただ状況を見ているだけ・・・。

 

数日後・・・
さいたま新都心スーパーアリーナに
原発区域の人たちが避難してきた。

 

Twitterでボランティアの美容師が募られる。

 

「そうか!! 僕たちには はさみがあるんだ!」

 

o0447079413589241750

 

さいたま市の職員たちが、テントで仮設美容室を作ってくれた。

 

「ありがたい、ありがとう・・・」

 

涙で言葉にならない被災者の声。

 

千葉の美容師の友に、この話をしたら
「僕たちも、被災地に行こう! はさみ1本あればなんとかなる!!」

 

宮城は「松島」に行った。
o0794044713589238984

フェリーが岸に乗り上がってる。

津波の怖さを肌で感じる。

 

 

o0794044713589241752

 

体育館に避難された住民の方々。
ただただ、茫然とTVを観ているだけ

 

o0447079413589239553

 

水が使えないから、カラーもパーマも
もちろん出来ない。

「あたま洗いたい」と何度も言っていた。

 

o0447079413589241751

「遠いとこから、ありがとうね。 ありがとう」

 

その言葉だけで、来た甲斐がありました。

o0447079413589241754

 

これほど、自衛隊を見直したことはない。

o0794044713589241753

 

住民の方々にいただいたサンドイッチ。

 

嬉しいけれど、冷たくて、パサパサで・・・。

温かいモノが欲しい。

 

わずかでも、暖かくなりたい。

 

でも僕ら以上に、被災者のみなさんは暖かさを欲しいのだろう。

 

はさみ1本のチカラが、これほどの笑顔に繋がるなんて・・・

 

あらためて、必要とされている自分が嬉しかった。

 

その翌年、再度、被災地を訪れてみた。
o0726048513589239552

 

 

o0778051913589239549

 

 

o0726048513589238985

今はこの漁船。

解体されている。

 

モミュメントにして残す案もあったが
僕なら、絶対に嫌だ。

 

忘れてはいけないことだが
早く忘れたい。

 

そんな3,11がまたやってきた。

SHOP LIST

Red Door レッドドア

ストロベリーフィールズ

048-814-0814

埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-10-15 入江ビル1F

MORE

White Door ホワイトドア

ストロベリーフィールズ

048-762-8008

埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-28 エディーヒルズ1階

MORE

ご予約